プラスチックを射出成形する仕組み

射出成形は、プラスチックを溶かして金型へと流し込み、任意の形を作るための方法です。金型は一度作ってしまえば何度でも使える上に、成形完了までの時間が短いため、プラスチック製品を量産するのに適しています。その射出成形を行う機械は数多くのメーカーが製造しているため、細かな部分は異なります。しかし基本的な構造は大抵同じで、射出装置と型締め装置という大きく2つのユニットに分かれます。

射出装置には、プラスチックを溶かすと共に、型に送り込む仕組みがあります。細長い筒のような形状をしていて、その外側に熱を与えるヒーターが備わっている形です。射出成形では溶けたプラスチックを、金型の隅までしっかりと届けなければならないので、高い圧力が求められます。そのため射出装置の内部はらせん状になっている上に、逆流防止便が付いています。

そうすることで一方的に溶けたプラスチックを送り込めるというわけです。そして金型は仕上がったプラスチック製品を取り出すために、複数に分割できるようになっています。射出成形を行う際には、分割しないようにしっかり固定する必要があります。その固定する仕組みがあるのが型締め装置です。

固定する力が少しでも弱いと、射出装置の圧力に負けてプラスチックが隙間に入り込んでしまうため、それよりも強い力で固定するのが特徴です。また型締め装置は自動で開閉する仕組みを備えている場合も多く、よりスムーズな射出成型を行うことができます。射出成形の仕組みのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*