射出成形の種類と内容

プラスチックの加工方法である射出成形ですが、様々な種類があります。まず一般的なものは、熱硬化性樹脂の射出成形です。これには、流動性・硬化性・供給性などの注意が必要となります。また低圧で行う低圧成形では、ソリの変形やハリの発生を防ぐことができ、ガス焼けなどの不良品を出さずにすみますが、金属構造や射出速度の最適化が重要です。

一方射出圧縮成形については、ひずみの少ない完成品となるため、光学レンズ・光ディスクや高速度成形に最適となっています。そして不活性ガスを用いるガスアシスト射出成形においては、ソリやヒケの少ない製品が得られますし、成形品の軽量化や型締力の低い機械でも行えるというメリットがあります。さらに、二組の射出ユニットで一つ完成品を得る二色成形という種類もあります。工程や人件費の削減ができるという点が、大きな特徴です。

他にも、デザインが印刷されたフィルムを金型内に挿入してから射出成形するインモールド成形では、金型内で成形と表面加飾が同時にできます。同時に行うので、二次加工時の品質不具合が発生しにくいというメリットがあります。そのため、家電部品や自動車部品の意匠付けにも応用されています。最近では、ポリウレタンの成形法として開発された反応射出成形も主流です。

この方法では、金型のコスト軽減や射出時間の調整が可能だからです。このように多くの種類があるため、内容を正しく理解し、最適な方法を選ぶことが大切であるといえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*