複数色で仕上げられる射出成形の種類もある

プラスチックを溶かして型に送り込み様々な形を作る射出成形には、色々な種類があります。スタンダードなタイプの射出成形だと、仕上がった製品を構成するのは全て同じプラスチックです。溶かしたり圧力をかける際にムラができない限り、基本的には単色です。そしてそんなスタンダードなタイプとは異なり、複数の色を持った製品を作れる射出成形機もあります。

1回目の成形で固まったプラスチックの上に別のプラスチックを乗せて層を作ったり、異なる射出口から別のプラスチックを送り込んで、ひとつの製品の色が部分ごとで異なるといった仕上がりも可能です。プラスチック製品を色分けする際にはペイントを施すという手もありますが、その場合は成形とは別の作業が必要な上に剥がれる恐れがあります。その点この複数色成形だと作業は機械に任せられて、なおかつ剥がれるリスクはありません。そんな複数色での射出成形では大抵の場合2色ですが、プラモデル用に作られた機械では、最大4色のプラスチックが繋がった状態で仕上げられるものもあります。

射出成形の強みは金型次第で複雑な形にも対応させられる点ですが、あくまでも形状のみです。また複数色でも複雑な色のデザインは作ることができません。そんな時に活用できる、インモールド成形という種類もあります。プラスチックを送り込む前に金型にあらかじめフィルムなど印刷が施されたものを設置しておくことで、デザインを伴った製品ができるという種類です。

それを活用すると製造できるデザインの幅が大きく広がります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*