射出成形のメリットとは

射出成形とは金型に材料を流し込み、固めて成型することです。射出成形には数多くのメリットが存在します。まず、大量生産に向いています。金型は何度も再利用でき、金型に流し、固めるという単純な操作であるため、連続して迅速に大量生産できます。

そして、金型が同じなので非常に精度の良い製品を作ることができ、これは製品の安定化につながります。精度の良い製品を作ることというができるため後に加工する必要がほとんどなくコストが安く収まるメリットもあります。また、たとえ形が複雑であっても、一度金型さえ作ってしまえば同じものを多く生産できます。そして、材料があれば加工ができるので、複雑な作業工程を踏まずに成型することができます。

他のメリットとしてプラスチックの加工に優れていることです。プラスチックにおいて温度を上げると柔らかくなる熱可塑性樹脂の場合、液状のプラスチックを金型に入れ冷やし固めると成型できます。また、熱すると液状から固まる熱硬化性樹脂は液状のそのプラスチックを流し、逆に熱すると硬化し成型できます。このように射出成形のメリットを挙げました。

このようなことから、身の回りの様々なところで射出成形された製品があります。例えば、スマートフォンや携帯電話、パソコン、ゲームコントローラーといったものから、冷蔵庫や洗濯機といった家電製品にまで使用されています。一度身の回りの製品を手に取り、どれが射出成形された製品か確かめてみてはいかかでしょうか。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*