プラスチック製品の製造で射出成形を用いるメリット

プラスチックの加工品の製造時に用いる手法にはたくさんの種類がありますが、その一つである射出成形を用いるメリットは、なんといっても複雑な形状の加工品を大量に生産できることにあります。この方法で加工品をつくるときにカギを握っているのは金型で、これを精密につくるためには、それなりに多くの時間と費用がかかります。しかし、一度金型ができてしまえば、あとは成形機をつかってプラスチック樹脂を金型に流し込み、固めるといった作業を経るだけでいつでも加工品をつくることができるようになります。加工品1つあたりの所要時間は数秒なので、ある程度時間をとれば同じ形の品物を大量につくれます。

成形機の製造メーカーは、所要時間を短縮させられるように日々製品の改良に取り組んでいます。また、後加工の必要がない点も射出成形のメリットといえます。後加工とは、一度成形した製品にカットや穴あけ、印字、刻印などを施すことで、他の製造方法の中にはこれが必須となるものが多いですが、予め精巧につくった金型に樹脂を流し込むこの製造方法であれば、固化した段階で品物が完成となるので追加の工程が要りません。この点と、先に述べた大量生産可能な点は、生産量に比例して製品単価を抑えられるという、もう一つの射出成形のメリットを導き出すことができます。

このように、射出成形はメリットが大きい方法ですが、極端に厚い製品や、逆に極端に薄型の製品の成形には向いていないという欠点もあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*