射出成形のメリットと注意点

射出成形(しゅしゅつせいけい)というのは、金型を使った成形方法のことです。その際には合成樹脂などの材料をまずは熱で溶かし、金属でできた金型の中にそれらを流し込むことで目的の形状に成形する、というのが一般的な流れです。この一連の工程における溶かした樹脂などの材料を金型内に送り込む工程が注射器で液体を注入する工程に似ているため、この成形方法を「射出成形」と呼びます。なお、その名に馴染みがある人は少数である一方で、射出成形で作られた多くの製品が日用品や家電製品、自動車の部品などの私達が日常的に使用する製品に使われています。

これは、さまざまな形状のものを高い精度で成形できるという射出成形のメリットゆえの結果です。そのため、射出成形で加工してしまえばその後にさらなる加工工程が一切必要ないというのもメリットです。つまり、一度専用の金型を作製してしまえば後は材料のみあれば同じものを何度でも作ることができるようになります。それゆえに、生産量が多ければ多いほど製品単価を安くできる点もメリットです。

ただし、その成形に欠かすことができない金型の製作には一定の時間がかかります。そのため、すぐに生産に取りかかれないことが多い点はデメリットと言えます。また、金型の品質の高さが最終製品の仕上がりの質に直結するためその仕上げ作業は手作業で行われることが多いです。それゆえに、金型の製造コストが高くなり初期投資の費用が大きくなる傾向にあるなどのデメリットには注意が必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*