射出成形がメジャーな加工方法と言われる所以

日常的に使用している電化製品等の部品にはプラスチック等の合成樹脂が使われていますが、この部品を作り出す加工方法の一つとして挙げられるのが射出成形です。パソコンパーツ、スマートフォン、自動車、テレビ等で使われている部品はこの方法で作り出されていますが、加熱した材料を金型に流し込んで冷却させることで目的の成形品を作り出し、様々な形状やサイズにも柔軟に対応できて連続加工も行えることから大量生産に向いているという特徴があります。射出成形を用いることの最大のメリットは、仕上げ等の後工程の必要がほとんど無いことです。それは、複雑な形状であっても金型の製作時に反映させることが出来るからです。

その為、一度金型を作り上げると、生産時には材料を準備するだけで加工を行えます。このように金型製作以外で複雑な作業が無いところにこの方法の良さがあります。尚、射出成形には、射出圧力に変化を持たせたりガスを注入したり複数の材料を用いたりしたもの等が6種類あります。これらの方法には様々なニーズに対してきめ細やかに応えられる要素が沢山詰まっていますので、材料の特性、効率面、品質面等を考慮した上で最善策を講じられます。

また、どの方法においても、成形機を正常に稼働させる為には定期的にメンテナンスを実施しなければなりません。特に材料を射出させる部分を詰まらせないことが生産性や稼働率の維持に繋がりますので、材料の状態と合わせて注意を払う必要があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*