射出成形でプラスチックを加工する方法

射出成形は、プラスチックを加工するための方法のひとつです。高温環境によって溶けるというプラスチック樹脂素材の特徴を活用して、色々な形を作ることができます。射出成形には専用の機械を用いて、工程の大部分はその機械が自動で行ってくれます。事前に金属を加工して作っておいた金型に、機械がプラスチック樹脂を流し込みます。

もちろん人の手でその機械を調整したり、金型の噛み合わせを確認するといった作業は必要です。しかししっかりシステム化されていると、自動化によって次々と成形することができる方法です。プラスチック樹脂はペレットと呼ばれる小さな粒状になっていて、それが機械に装てんされる形です。機械は大きな注射針のような形をしていて、樹脂を押し込んでいきます。

その先端付近にはヒーターがあり、プラスチック樹脂を溶かします。そして大抵の機械では、内部がスクリュー上になっていて、ペレットが進むと同時に攪拌されるようになっています。それが溶けたプラスチック樹脂を安定させます。また攪拌されるということで、複数の色のペレットを混ぜるといった方法も可能です。

射出成形の基本として、当然溶けたプラスチック樹脂が通るスペースを確保しなければなりません。ただその条件さえ満たしておけば、様々な形が作れます。具体的な方法は機械ごとに異なり、小さなものであれば通り道を確保した上で一度に大量に作っておいて、後で切り離すこともあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*