切削加工は図面公差に柔軟な対応が図れるので影響が無

切削加工は、数ある加工手法の中でも図面公差を満たすことができる、品質に影響を与えないといったメリットがある手法です。切削加工にはいくつかの種類があるけれども、手法を選ぶことで高品質な部品などを作り出すことが可能です。品質に影響を与えると、それがねじ穴の場合であれば穴にねじが入らないことがある、板厚などであれば板の厚みがありすぎて蓋がしっかり閉まらなくなるなどの悪影響を与えることも決して珍しいことではありません。切削加工の一つに、きさげ加工と呼ぶ手法があるのですが、この手法はより精度が高い平面性が求められる際にノミのような切削工具を使い金属の表面を1、000分の1ミリレベルで削り、平面に仕上げることができるといいます。

このような高精度の加工は機械で行うことはできないとされており、きさげ加工はすべて職人さんの手作業で行われるのが特徴です。また、NC加工も切削加工の一つになるのですが、この手法はフライス加工や旋盤加工、穴あけ加工を自動化させたもので数値制御により図面公差を満たすモノづくりが可能になる、しかも自動化が可能になる手法になるので大量生産にも適した手法です。図面の公差には3mmの寸法に対して±0.5mmの場合もあれば、±0.3mmの場合もある、精密部品などの中には3mmに対して-0.03mmで+0.01mmなどの寸法公差を持つものも少なくありません。この場合は、2.97mmから3.01mmの範囲内になっている必要があるわけですが、切削加工なら寸法エラーなどの影響もなくモノづくりが可能になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*