汎用性の高い切削加工の方法や使う上での問題点

金属加工や木材加工を行う工場では、切削加工を行うために専用機を導入していることが目立ちます。特殊な機械器具になりますが、切削加工という本来の意味合いは削って加工をするという内容になるので、一般の方がDIYで木材を使って加工をしたり、溝を掘ったりする作業も含まれます。工業製品を製造する工場では、DIYの範囲を超えていることは当然なので、自動的に素早く切削加工を行える機器は大量生産するには欠かせない存在です。事例の中にはネジ切りを施したり、金属製の素材に対して階段のような段差を設けること、資材の表面にポケットを作る作業や溝を掘って加工する方法、ネジ止めを可能にするために穴開け加工をする際に多用される技法です。

工場で稼働させている機器には良いことだけではなく多少の問題が生じる可能性があります。まずは、切削加工機側の部品は頑丈で精密に作られているものですが、特に金属加工を施す場合、硬すぎる素材を使うには削る際に熱が発生してしまう可能性があります。回転数で調整をしたりする方法はありますが、熱により若干の狂いが出てしまう可能性があるので、使う素材に対しても理解をすることが必要です。同じ切削加工機を用いてパーツの大量生産を行うような時には、連続して使うことで問題が生じることもあります。

少ない数量では通常は問題ありませんが、切削する範囲が広いパーツを大量に作る場合、やはり摩擦による熱が発生してしまい、機械器具の方が破損する問題があります。クリアするには普段よりも熱を感じ取った際には、冷却するまでオフにしておくことで解決は可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*