切削加工で発生する問題とは

鉄鋼やパイプなど、これらは加工をしないと製品化にすることはできません。大半が町工場で加工を担われており、一般的には切削加工業という会社で実施をなされています。日本は明治時代からモノ作りに長けている国だと言われており、特に中小企業の力は絶大なものでした。昨今は労働環境を見直されていて、綺麗でクリーンな職場を中小企業でも用意をなされています。

以前は3Kという言葉が横行する現場で、切削加工でもそれが問題視されていました。この問題で特に注目を集めたのは塵肺というものです。切削加工では必ず目に見えないほどの小さな粒子が、作業場全体に飛散をします。長期間それを吸い続けると肺が蝕まれてしまい、酸素吸入器が手放せない暮らしとなります。

1998年に労働基準法が改定され、塵肺問題に取り組む市民オンブズマンと各地でたくさん立ち上がりました。各工場に集塵機を設置して、クリーンな環境で労働者を守るようにと行動をおこされたほどです。現在では必ず切削加工に携わるスタッフはマスクを着用して、集塵機を24時間駆動させています。この機器を導入する際は必ず事業者が敷地面積に見合ったものを導入しないとけないことを、法律でも制定されているのが特徴です。

中国やアメリカといった産業大国では、まだ切削加工問題には着手をされていません。日本はいち早く労働者の環境を守った国であり、国連ではこの行動に対して大きな称賛を送られています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*