切削加工の問題点について

切削加工の問題点は大きく2つあります。1つ目は刃物の寿命です。これが短いとランニングコストが高まり加工費が上がります。また、刃研の手間や時間によって加工ができなくなる時間が発生して効率的な生産が実現しません。

これを解決するためには、最適な切削条件を選定するということです。刃物の回転数や送り速度を調整して刃物の負担を軽減するのです。これにより、チッピングといった欠損や摩耗を防ぐことができるため長く使うことができます。また、切削液の種類を変えることです。

冷却性を高めたり、刃に直に冷却水が当たるものにすることで刃物の熱を低下させて長寿命化につなげることが可能です。刃物メーカーと協業して知見を得ることで解決することが可能となります。コンサルティングしてくれる業者もあり、加工するものや状況を説明するだけで最適な刃物を提案してくれます。また、刃物を購入する際には最適条件が示してあるので合致しているかの確認が重要です。

2つ目は、びびりです。加工していると大きな音を立てるケースがあります。製品が薄肉なものに起こりやすいです。びびりは加工精度や刃物の寿命にも影響するため注意が必要です。

狙いの寸法精度が外れたり、加工面の粗さが荒くなったりします。これを解決するためにはジグの抑えにより製品を確実に締め付けることや、刃具の長さを短くすることで対応します。加工条件を変えたり刃を新品にすることも方法です。切削加工の問題はいろいろな原因があるので切削加工の知識を習得することで問題は解決します。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*