切削加工における問題点

切削加工とは主に金属を、切削工具と呼ばれる専用の工具を用いて、希望通りの形や大きさにする加工方法のことです。この加工法は金属のみでなく、プラスティックや木材に対しても使用することが可能です。例えば、イメージしやすい例えとしては、大工が鉋などで木材を削ることなどが挙げられます。最近ではコンピューターで加工することのできる技術も進化しているため、一度に多くのものを作ったり、人件費を縮小できるという利点もあります。

便利で一般的に用いられる切削加工ですが、いくつかの問題点があります。思った通りのいろいろな形を作ることができて、完成度も高い加工法である切削加工ですが、一方でその細かな完成度に対応するために普段よりも多くの専用工具や機械を使い分ける必要が出てきます。特に、金属を加工する場合には、木材やプラスティックを加工するのに比べ、問題点として多くの作業時間が必要になります。そのため、納期がタイトなスケジュールだった場合は日程を逆算し、各工程の作業を計画的に行うなどの緻密な対応が必要となります。

また切削加工では、材料を削って作業するという工程が発生するため、初めから削る部分を考えた多くの材料が必要となり、多くの材料費がかかってしまいがちです。完成品としての充実度が素晴らしい切削加工という加工法は、さまざまな形に対応でき精度の高いものを作り上げることができる反面、作業時間が普通の加工法よりも必要になったり、材料費がかかってしまうなどの問題点があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*