切削加工の定義について

切削加工は、主に金属加工に使われる言葉として定義されています。金属加工は3種類に分類でき、不要部分を取り除く除去加工、金属自体を変形させる変形加工、金属にほかの物質を付け加える付加加工に分けることができます。切削加工は、除去加工の技術のひとつに定義、分類されています。切削加工には2種類の加工方法があり、加工する材料が回転する旋盤加工と、刃物が回転するフライス加工があります。

旋盤加工は、機械で回転させた材料を刃物で削って加工します。材料が回るため、シャフトやノズル、ボルトやコネクタといった円筒状の部品を制作するのに向いているため、丸物とも呼ばれています。フライス加工は、固定した材料を回転する刃物で削って加工します。円筒状の部品を加工する旋盤加工とは異なって、立方体状の材料から複雑な形に加工するなど、バリエーションに富んだ加工をすることができます。

切削加工はさまざまな形状が作り出すことができ、また完成後の精度が高く強度もあるため、鉄道や自動車部品、半導体関連部品などの精密製品、医療関連器具や軽量化が必要な機械部品、治工具などの製作にも利用されています。また切削加工には刃がひとつの単刃工具と、刃が複数の多刃工具の2種類が使用されており、作業内容に合わせて刃を使い分けております。切削による加工方法は以上のように定義されており、いろいろな材料を使用して高度な技術と機械で加工することができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*