製造業における切削加工の定義

切削の定義は切ったり削ったりすることで、包丁で野菜の皮をむいたり好みの形に切ったりカッターやハサミで梱包のひもを切ったり、鉛筆をナイフで削るなど日常生活でも行われている行動です。包丁やハサミ、カッターなどの道具を使って物を切ったり削って希望の形や状態にすることを切削加工の定義です。製造業界での切削加工は、バイトといわれる刃物を使って金属を切ったり削ったりして好みの形に加工をしていくということで、丸く切ったり必要な長さにしたりと金属製品にしていく過程で行われます。ただ日常生活でカッターなどで切削をする場合と、製造業において行われる切削には違いがあります。

加工をする対象物が一般のはさみやカッターなどでは切れないような金属を加工をするため、バイトやドリルなどの工具を使わなければいけません。また切削した後のくずは元の形と同じではなく変形していることが特長です。さらに切削加工においては、金属と工具がこすれ合うことによって摩擦が生じ発熱することも一般家庭でリンゴの皮をむいたり切ったりした時とは異なるのです。それに固い工具と固い対象物がぶつかり合うので、抵抗が生じることも特徴です。

対象物に合った工具を用いて回転速度も合わせることで抵抗を少なくして、うまく切削加工ができます。このように工具を使うことと切りくずが変形すること、切削時に発熱することと抵抗が生じるので工作物と工具の愛称を良くすrことが製造業などにおける切削加工の定義といえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*