切削加工の特徴と用途とは

切削加工は別名機械加工と呼ばれることもある、さまざまな製造加工法の中でも最も基本となる加工技術のひとつといっても過言ではない存在です。具体的には、旋盤やフライス盤、NC盤、マシニングなどのさまざまな工作機械を使って材料を切ったり削って不要な部分を取り除き所望の形やサイズに加工することを意味する言葉として使われています。そんな切削加工の特徴として、基本的に材料から不要な部分を取り除く加工を意味する言葉として使われるため、旋削や平削り、形削り、フライス削り、歯切り、穴あけ、タッピングなどもすべて含まれる、という点がまずあげられます。また、その切削加工に分類されるいずれの加工方法も複雑な形状の加工が得意です。

その特徴ゆえに、高精度な加工が要求される場合によく使われています。加えて、多品種を少量生産しなければならない状況であっても加工コストが安い点も特徴でありメリットです。さらに、加工する材料に対する制限も特にありません。つまり、数ある加工技術の中でも欠かすことができない手法のひとつと言えます。

なお、そのような切削加工が実際に活用されている現場としては電気や電子、産業用機械、医療機械などのさまざまな分野の特に部品製造の現場で活用されています。これら部品は製品の中に組み込まれている機構部品ゆえに、日常生活で目にする機会が多いものではありません。ただ、そのいずれも高い技術と精度なくして作れない生活に欠かせないものばかりです。切削加工の特徴のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*