特徴的な切削加工を実現しよう

SONY DSC

切削加工は特徴的で、いろいろな工作機械を使って部品の加工に対応することが可能です。さまざまな省力化機械やその他のいろいろな用途で使用可能な、鉄やアルミ・ステンレスなど部品製作を実現することができます。加工場ではいろいろな機械があり、旋盤やフライス盤、ボール盤や研磨機などが設置されています。職人が丁寧で緻密な技術を駆使し、さまざまな切削加工に対応するのが特徴的です。

いろいろな切削加工に対応しており、ボール盤を使ってドリルで穴をあけたり、旋盤や形削り盤を使用して棒材などをバイトで削ることができます。フライス盤で板を削ったり、フライス盤に取り付けたエンドミルを使って任意の形に加工することが可能です。ドリルで開けた穴についてリーマーで正確な寸法に加工したり、タップを使用してねじ穴を刻むことができます。材料に力を加えて変形することによって、いろいろな加工に対応することが可能です。

部品加工を行うためたくさんの工作機械があり、省力化機械の設計や据え付け調整など工程にも精通した職人がたくさんいます。部品加工するだけではなく、気軽に相談することができたり、部品が必要とする目的などを考慮しながら部品加工可能です。部品加工に関する必要な納期について、短納期で納品してくれる業者も多く、クライアントの要望やニーズに対応することができます。特徴的な部品加工から表面処理など、気軽に依頼することができるので便利です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*