切削加工の例として挙げられるもの

形状という観点から考えると、私たちが住む世界においては大きく分けると二つのものがあります。一つは複雑なもの、もう一つは単純なものです。このような大きく特徴の異なる形を持つものに私達は取り囲まれている訳ですが、それぞれについてどのような状況でできたかということが影響を与えています。複雑なものというのは、自然界などで見られる人手によらないものが多くあります。

通常は、自然界における成長や反応現象などが多数の点で起こることによって生じることになります。このような複雑なものを作り出すためには、多様な成長過程というのが必要になってくる訳です。相対するものとして、非常に単純な形というものもあります。例として挙げると、直線状や円というような形を持つものです。

例として挙げたこれらを持つものは、通常人手によって作られたものである場合が多くあります。なぜならば、直線や円を例とするようなものが出来る際には比較的単純な規則によっているからです。直線の場合には、一方向に一定の高さで削り取っていくというような切削加工で実現可能です。円については、材料を回転させバイトなどを回転の中心から一定距離となるようなところに固定して削りとれば実現が可能です。

切削加工の例を挙げましたが、人工のものというのは比較的簡単な規則にしたがって作られているというのが通常です。もちろん人工物でも手間を厭わなければ、複雑なものを作り出すことができます。しかし製品の切削加工などを行う際にはその経済性や手間をかけないということも経営者としては重要となりますので、多くの場合にはこの方法がとられます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*