切削加工(せっさくかこう)例

切削加工(せっさくかこう)とは、除去加工と呼ばれる場合もあり、金属・木材・プラスチックなどを切る・削るなどして加工することです。通常は機械を使用し作業をしますが、人力で加工する方法もあります。例えば表面を削ったり穴をあける場合、加工する工具や加工する方法が異なり材料の形・サイズによって用いる機械も変わってきます。基本的な切削加工方法は、外形加工・内部加工・穴開け加工・ネジ加工・板材の抜き加工になります。

それぞれの加工方法を例にあげ説明していきます。外形加工は、外側を削ることでフライス盤の表面や側面・旋盤では円柱形の材料の側面を削る外径切削、端面を削る端面切削などがあります。穴開け加工は、ドリルを用いて材料に穴を開ける加工です。内部加工は逆に材料の内側を加工することが多く、穴あけ加工で開いた穴をもっと広げる中ぐり加工や穴の寸法の精度を上げるための仕上げをする加工・キー溝加工などがあり、合い鍵づくりでは目の前で作業で見たりできます。

ネジ加工は用いる工具は違いますが、旋盤では雄ネジと雌ネジ・フライスやマニシングセンタでは雌ネジの加工ができます。抜き加工は切削加工において板材に対して一度の段取りで外形や内形を加工し、最終的に外側をかこうし抜き取る作業です。プレス加工のように一気に打ち抜く方法とは異なります。簡単な説明ですが、切削加工にはこのような加工例があり、私たちの身の回り製品のすべてがこのような技術のおかげで成り立っているのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*