切削加工が使われる例

切削加工は別名機械加工とも呼ばれる方法であり、様々な製造加工法の中でも基本となる技術の一つです。主にマシニングやNC盤、フライス盤や旋盤といった工作機械を使用し、材料を削ったり切って不要な部分を全て取り除いて希望の形状やサイズに加工することを目的としています。切削加工は大きく分けて旋削や平削り、フライス削りや形削り、穴あけや歯切り、タッピングなどに分類されますが、基本は材料から不要な部分をすっきり取り除くという意味では除去加工にも分類される特徴があります。実際に切削加工が使用されている例としては、主に電気や電子、産業用機械や医療機械といった幅広い分野の部品製造に使用されており、これらの例から見ても製品の中に組み込まれる機構部品に使われる加工法なので、一般的には人の目に触れることの少ない工業製品の例となります。

しかしこの技術は高い技術と制度が求められることから、製造業では無くてはならない加工法の一つです。実際に切削加工の特徴の一つに、複雑な形状の加工ができることや高精度な加工が可能なこと、多品種少量生産でも安価な加工コストで対応することができることやどんな材料にも取り入れることができる点が挙げられます。似たような加工法の一つに研削加工がありますが、刃物で削り落して製品を作る切削加工に対して加工物を回転させて逆回転させた砥石を接触させて表面を削って加工をするのが研削加工となり、主に仕上げに使用される技術です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*