切削加工として挙げられる例

私達が住む世の中には、自然によって形作られたものと工場などで加工されてできたものがあります。都会では工場などで作られたものがたくさんあり、田舎では自然によって造形されたものがかなりたくさん見られます。形を持つものというものの根源としては、このような二つの種類がある訳です。多くの場合これら二つのものの間には、形についておおきに異なった特徴があります。

自然のものは、様々な成長過程や多数の者が同時に変化して形成されるという場合が多いですので、多くの場合には複雑な形状を持つということになります。それに対して、工場なので作られる製品の場合には、経済的に成形を行いたい事や成形のしやすさなどから直線状や円形というようなものになります。製品として作られる際には、単に形の問題というだけでなく経済性ということも考えなければなりません。その様な事で、材料をバイトなどで削りとって整形するという切削加工の場合においては、平板の上でバイトを回転させながら移動させるというフライス盤と呼ばれるものや、材料を回転させてバイトなどで削り取るという旋盤などが例として挙げられます。

切削加工についての基本的な例というのは、先程述べたフライス盤や旋盤ということになりますが、その他にも様々なものもあります。穴を開けるというような加工を行う例として電気ドリルなどもあります。これもドリルが材料を削って穴を作るということを利用する訳です。ある意味での切削加工ということも可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*