複雑な形も簡単に作れる切削加工とは?

機械などを触る機会が多いと、どんな工程を経て製品が作られていくのか詳しく知ることができると思います。また、ある程度の知識を身に付けておけば、様々な製品を作り際に大きな役に立つことは必然です。しかし、とても複雑な技術や難しい加工方法はたんさん存在しているので、少しでも学ぶ機会を得たい場合には積極的に調べてみることをおすすめします。そこで、今回は切削加工の仕方について詳しく学んでいきましょう。

まず、切削加工と言う言葉を始めて耳にした方も多いと思いますが、切削加工とは機械を使用して金属類などを加工していく技術のことを指しています。材料など使用するものによって加工の仕方は変わってくるのですが、基本的には削ることを目的としており、外形・内部・穴あけ・ネジ・板材の抜きなど様々な加工の仕方があるのが特徴です。そして、切削加工を行う際には2種類の機械を使用することが多く、もっとも活躍しているのが旋削加工、次に使われることが多いのが転削加工になります。どちらも安定した作業に向いているのでとても使いやすくて便利ですが、材料を固定して使いたいと希望する方の場合には、安定した作業を可能にしてくれる転削加工の方が良いかもしれません。

最後に、切削加工を選択するメリットについてですが、頭の中で描いている複雑な加工を現実にしたいと希望した場合、その全てを叶えてくれるような加工ができる点です。板金やプレスとは違って厚みによる制限も一切無い為、自由に作れるところも魅力と言って良いでしょう。切削加工のとはのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*