切削加工の特徴について

切削加工は工具を使って金属などの材料を削り目的の形状を得ることで、大きく転削と旋削の2種類に分類できます。転削は工作物を固定して工具を回転させるという特徴があり、旋削は反対に工作物自体を回転させるという特徴が存在します。前者の代表的な方法がフライス加工で、回転軸に装着したフライス盤を回転させて工作物の表面を平面や曲面に切削加工します。フライス盤には工具を取り付ける主軸の方向によって横形や立形がある他に、本体が門のような形状の門型などがあります。

旋削の代表的な方法は旋盤加工で、円筒形状の工作物を回転させながら主軸に固定したバイトに当てて切削加工を行います。バイトとは刃物状の工具のことで旋盤加工を行うと円筒形状の工作物の外周を円形やテーパー状にできる他、穴開けやねじ切りなどの加工も可能です。フライス加工や旋盤加工を行うための装置には汎用フライスや汎用旋盤、NCフライスやNC旋盤などがあります。汎用フライスや汎用旋盤は作業員が手動で作業を行いますが、NCフライスやNC旋盤だとコンピュータが加工条件を自動的に制御してくれます。

NCとはNumericalControlを略したもので数値制御と翻訳されており、コンピュータ制御を行う装置には初心者でも一定水準以上の品質の製品を製造できるという特徴があります。汎用タイプの装置は微細で高品質な製品を作ることができますが、コンピュータ制御を行う装置にも作業効率を高めることができるというメリットが存在します。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*