切削加工が持つ特徴とは

金属や樹脂といった素材を専用機械を使用して削り出し、設計通りに成形する加工方法を「切削加工」と呼んでいます。この加工方法は金属を使用した製品を作る上で最もメジャーな方法といわれており、材料の余分な部分を削り成形することもあり別名除去加工として呼ばれている特徴を持っています。切削加工は対象となる製品の加工に最適といわれている工具を選択可能な、マシニングセンタという機械を使用し成形を行っており、設計通りの形状に徐々に切削することで製品の成形を行うことが一般的です。この時設計上作りたい製品の大きさやデザインに応じてジグ中ぐり盤やNCフライス盤、旋盤といった機器の中から最適なものが使用されている特徴も持ちます。

では実際に切削加工を導入することで得られるメリットには、金属や樹脂材料を様々な大きさや厚さ、形状に加工する特徴から高品質な製品を作ることができることが挙げられます。コンピューターによる制御を行うことが可能なので、比較的簡単に設計を行え、精密なデザインに仕上げることが可能なことに加えて、サイズの微調整を行うことも非常に簡単です。さらに材料の厚みの差によって起こりやすい制限も、切削加工ならほとんど受ける心配がないため板金加工やプレス加工と比較してもアドバンテージがある特徴を持ちます。金型の準備が不要なため、納期が短い場合でも対応することが出来るケースがほとんどです。

さらに使用できる材料には鉄以外にもアルミや真鍮、ステンレスや樹脂や銅など他の材料を使用することにより、バリエーションに富んだ製品開発をすることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*