切削加工の特徴について知ろう

切削加工は除去加工とも呼ばれ、金属などを削る技術のことを言い、機械を使用して加工がなされています。切削の特徴は、機械や専用工具等を用いて鉄やアルミなどを加工し、切り取ったり削ったり形状に変化を持たせるということが挙げられます。こうした対象物を切って削る加工方法は、穴をあけたりカットをしたりして行われますが、加工するための方は必要としないのも特徴です。切削加工によって加工可能な材料は、鉄やステンレス、アルミや銅など、多様な材料を加工可能なことも特徴になります。

さらに、金属だけでなく樹脂なども加工対象となっており、どのような目的のために加工を行うのかや材料の形状やサイズによって工具や加工方法が異なります。切削加工は図面やNCコードがあればすぐに加工できるのも特徴で、型を取って加工するというプロセスが必要ないため、スピ―ディに加工を仕上げる事が出来るのはメリットです。こうした加工を依頼する場合、依頼先が希望する素材の加工に対応できるかどうかを確認してから、納期や費用などを具体的に知らせてもらいます。その際、加工したい対象物の図面や3Dデータを用意して加工会社に相談するという流れになります。

高い専門性が必要とされる分野であるため、加工実績が多くあり、信頼できる評判の良い会社に依頼することがポイントです。このように、切削加工は金属などを削る技術で鉄やアルミなど様々な素材に対応して加工がなされています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*