切削加工の種類や特徴を知ろう

金属等の形成には様々な加工技術が採用されています。例えば切削加工もその1つ。これは工作機械や工具類を用いることで、金属等の素材を削り取ったり、穴あけや切断などを行う技術を指します。ただし一口に切削加工といっても、その方法には多種多様なものがあります。

それを大きく分類すれば、転削加工と旋削加工の2つを代表的な方法に挙げることができるでしょう。前者は加工すべき対象物を固定した上で、工具を回転させて転削加工する点に特徴があります。それとは対照的に後者では、対象物側を回転させながら、固定した工具で切削していく点に特徴があると言えます。さらに転削加工を代表する方法としてフライス加工、旋削加工には旋盤加工も知っておくべきでしょう。

まずフライス加工の場合、フライス盤と呼ばれる切削工具を回転軸に取り付け、それを対象物に接触させて切削加工していきます。ちなみにフライス盤には正面フライスやエンドミルあるいは溝フライスなど様々なタイプがあり、目的に応じて対象物の表面を平面や曲面に加工したり、穴開けやみぞ削り等、幅広く多彩な形状に仕上げることが可能です。次に旋盤加工では、主軸に固定したバイトという刃物状の工具に対し、対象物を回転させて接触することで、加工していきます。したがって対象物のほとんどが、回転に適した円筒形が中心です。

また加工のタイプも、円筒形状の対象物の外周をバイトに接触させながら円形や先細形状にしたり、穴あけやねじ切り、さらに溝を削りながら切断する突切りなど、こちらも幅広く多彩に加工できる点に特徴があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*