旋盤加工は丸形状に削る切削加工の一つ

切削加工は、モノを削り形を作る加工法の総称です。モノづくりの中では金型を使った成形法が主流ではありますが、切削加工は寸法精度を高めることができる利点があることからも、金型では寸法を出すことができない成形品のときに活用されることが多いなどの特徴を持ちます。旋盤加工は、切削加工の手法の一つですが、工作物を回転させながら丸形状に削るなどの特徴があります。丸形状は加工面が3面になるなどからも、外形の加工の際には角形状よりも多くの生産ができる、加工法を変えると価格を抑えられるなどのメリットもあり、これも切削加工の特徴の一つになっています。

旋盤加工では、主にボルトやボールねじ、アクチュエーターなどを作るときに採用されます。旋盤加工では工具を回転させながら丸形状に削るなどの特徴がありますが、工具を回転させながら角形状に削るのがフライス加工です。側面や溝などを加工するときに利用するエンドミルと呼ぶ工具、平面加工を行う正面フライスや平フライスなどの工具を使うなど、工具そのものを使い分けて複雑な部品加工が可能です。マシニングセンタと呼ぶ加工機を使う切削加工もフライス加工に含まれるのですが、マシニングセンタはすべて自動化が可能になるので色々な工具を使い分けながら正確な寸法を持つ部品作りができる強みもあります。

なお、フライス加工では主にフランジ・ブラケット・シャフトホルダー・治具などを作るときに使う加工手法です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*