切削加工の特徴や魅力とは

切削加工と言うのは、旋盤やフライス盤、マシニングセンタなどの工作機械を使って金属を削り目的の形にする加工方法のひとつです。大きな部品であっても機械の加工エリアにおさまるサイズであれば、形状の複雑さに関わらず簡単に所望の形に加工することができます。また、板金加工やプレス加工のような材料の厚みによる制限も基本的にありません。加工エリアにおさまれば、所望の形に簡単に加工することができます。

さらに、切削加工は公差0.001mmなどの非常に精度の高い加工を行える点もその特徴であり魅力です。そのため、コストと精度の両立のために板金やプレス、ダイキャストで作った製品の最終工程に切削加工がよく採用されています。加えて、加工時に型を準備する必要がないところも切削加工の特徴でありメリットです。図面や加工用のNCコードさえ用意すれば材料からすぐに所望の形に加工することができます。

なお、加工できる材料としては鉄やステンレス、アルミ、銅、真鍮、樹脂など多岐にわたります。ただ、その際には加工時に使用している工作機械の刃物の材質や主軸の加工速度の考慮は欠かせない点には注意が必要です。また、切削加工で作れる部品も使用する加工機によって異なりますが、基本的な考え方として材料からの削り量を小さくすることは加工時間の短縮に繋がります。加えて、工具のサイズに合わせた設計にすることで特別な工具も不要となり、納期短縮とコスト削減が見込めます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*