切削加工の特徴について

切削加工とは、工具類を用いて材料を切ったり削ったりして加工する方法のことです。対象となる材料については切削加工という用語上は何も触れていないわけですが、特に産業界においては金属を加工する際を指すことが多く、その他の材料、例えば木材とプラスチック、ガラスなどを用いる際には、それを切ったり削ったりして行う場合であっても切削加工という用語が用いられることはあまりありません。ただし、一般論として言えば別に材料は何であっても構わないわけで、おそらく多くの人が学校での美術や工作などの時間に経験したことがあるように、木材を小刀とか彫刻刀などを使って加工し目的とするものに仕上げることも含まれることになります。使う工具は手で動かすものもありますが、言うまでもなく金属は硬いですから、手作業で行うのは相当に大変であり、工業的にはほぼそのための加工機械が用いられます。

金属を加工するため機械を使ってもかなり面倒な作業になるのではないかと思われるかもしれませんが、意外とそうでもなく、びっくりするほど早く正確に作業が行われますから、もし見る機会があったとすると驚くことになるかもしれません。この加工方法の特徴として、当たり前のことですが切り屑や削り屑が生じることが挙げられます。それらは廃棄物になるとは限らず、集めた上で素材として再利用されることも多いですのであまり問題とはなりませんが、加工時に熱が発生することには注意が必要なケースがあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*