切削加工の種類を理解すれば必要な仕上げができる

金属の材料など、人間の手動だけでは加工することができないものを機械的な方法で加工することを切削加工といいます。工作機械で良く利用されるものであり、そこには数多くの種類が存在します。切削加工では、形状を変化させることによってそれぞれの目的に応じたものを制作できます。例えば、外側を形作る方法としては外形加工が存在します。

これは、外側を削ることによって外形を整えることができます。また、内部加工という種類もあります。これは、材料の内側を削っていくことで、外側からは行いづらい変形をできるメリットが存在します。同様に、ドリルを利用して穴をあける種類のものも存在します。

一般的に、切削加工ではフライス盤の平面削りや側面削りなどが良く利用される手段であり、ドリルで直接的に穴を穿つ方法はとられません。これは、精度が高くない方法だからです。実際に利用するときには、精度を向上させるために内部加工と組み合わせることが普通です。そして、重要になるのは利用する機会の種類です。

実は、この機械も2つの種類が存在します。これは、回転させて加工をしていくものと材料を固定させて削って言う方法です。材料を固定するのか、それとも材料そのものを回転させるかの違いが存在します。切削加工では、これらを利用しながら最善の製品を仕上げていきます。

一般的に、製品の制度はそれを利用する人の熟練度で大きく異なるので依頼をするときには実績のある専門家にすることが重要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*