切削加工にはどんな種類があるのかを確認しよう

普段使っている製品がどのような方法で製造、加工されているのかと興味を持っている人もいるのではないでしょうか。製造方法や加工には様々な種類がありますが、切削加工と呼ばれる方法もあります。切削加工がどのようなものなのかも気になるところですが、その名前の通り切削工具を利用して対象物を切り削り加工していく方法です。切削加工ではどのようなものが加工されているのかも知っておきたいところですが、金属や木材、プラスチックなど様々なものを加工することができます。

機械で行われることがほとんどですが、時には専用工具を使って人の手で加工されることもあります。切削加工にも色々な種類がありますので、それぞれの違いや特徴も知っておきましょう。方式は大きく2つに分けることができます。ひとつは、加工したい物を固定させ、工具を回転させる方法でこれを転削と呼びます。

逆に工作物を回転させて加工する方法もあり、これを旋削と呼びます。旋削は丸い部品の成形に向いている方法で、ボルトやシャフトなどを作るときに採用されています。切削加工の種類で、フライス加工と呼ばれる方法がありますが、これは工作物を固定し、工具を回転させながら加工していく方法です。複雑な形状の加工から穴あけまで幅広く対応することができます。

フライス加工にも様々な種類があり、平面加工や側面加工、さらに溝の削り出しにも利用されています。金属加工の代表的な方法で、金型の削り出しなどにも利用されている方法です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*