切削加工の種類と内容について

工作物を加工する方法にはいくつか種類があります。そのひとつが切削加工(せっさくかこう)で、これはさらに2つの方式に分かれます。切削とは専用の工具で削り、加工する技術です。専用の工具は「切削工具」と呼ばれ、それぞれの加工にあわせて種類があります。

切削加工の基本的な形は、工作物と切削工具のどちらかが固定され、もう一方が回転している状態です。切削する工法には「転削加工」と「旋削加工」の2種類がありますが、「転削加工」では工具の方が回転しています。工作物は固定し、高速回転中の切削工具を当てることで目的とする加工を行います。具体的には工作物に穴を開けたり、平面や曲面を造作することが出来ます。

押し当てる加減で溝を作ることも可能です。「転削加工」の代表的なものは、フライス盤の工具を使用した「フライス加工」です。もうひとつの切削加工である「旋削加工」は工作物の方が回転しています。切削工具は固定しており、この工法の代表的なものは「旋盤加工」です。

これは別名「丸もの成形」ともいわれ、工作物は円柱形をしています。作られるものにはボルトやシャフトなどがあり、穴開け・外周削り・突切りなどを行って製作されます。金属ばかりを加工しているイメージですが、プラスチックや木材も切削加工の対象物です。機械の動力による加工だけでなく、人がノミやカンナで木材を削る行為も切削加工の仲間です。

この場合職人の手加減が重要ですが、機械力で加工を行う場合も、加工物と作業内容に合った各種調整が必要になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*